オアハカに雨がやってきた!

家を出て、幼稚園への小道に入ったところ
家を出て、幼稚園への小道に入ったところ

オアハカ、家族全員が心から待っていた雨の季節に、やっと入ったようだ。

一昨日の晩に続いて、昨夜も暗くなってから数時間の強い雨。

屋根を叩く雨音と、その雨水が地下の貯水槽に勢い良く流れ込む音。やったね、お水だ!と、降り始めには大人も子供もはしゃいじゃった!

もともと僕らの住む村は山の頂上から流れる豊富な水があって、ほとんどの家は水に困ること無く暮らしている。
しかし今の家、外国人が所有、建てたということや、多分プール付きとかの理由もあって、山からの水道管を家に引けず、乾期の間、ピパと呼ばれる給水車を家に呼んで水をかわなくちゃいけない。
それが、我が家のような毎日土で汚れてくる子供がいる暮らしで使う水の量は、抑えても月に2度はピパを呼ばなければならないくらいで、あぁ、ため息のでる痛い出費なのだ。

時々我が家の前の道を、農業用の水が山から流れているのを子供が見つけては(冷たくてきれい)、パパ、道路に水だよ!と、みんなでホースを設置して、我が家の貯水槽にその水を引く。
風呂に栓をしてシャワーを浴びて、溜まった水はトイレを流すのに使ったり、手を洗うとき、歯を磨くとき、出しっ放しではなく細かく水を止めながら、なんて大人も子供も水を当たり前に大事に生活することはとても良い!

だけど、だけど、貯水槽の水位を気にしないでいられるって、あぁ、素晴らしい!!
VIVA!雨!

雨の次の朝、幼稚園に向かう道もしっとりと、靄がかった風景に変わった。まだ降り始めたばかりだけど、もう少しすると今は茶色っぽい山も荒野も、一面、緑の世界になるんだって。
みんな、一年で一番美しい季節の始まりを感じながら、幸せな笑顔で「Hola」「雨、はじまったね〜」と、笑顔で挨拶を交わしている。

こんな黄色いボンボンの付いた木も発見。
こんな黄色いボンボンの付いた木も発見。
道ばたの、朝顔かな。
道ばたの、朝顔かな。
湿った土の上を散歩する雌鶏と子供たち(見えるかな)ピヨピヨにぎやか。
湿った土の上を散歩する雌鶏と子供たち(見えるかな)ピヨピヨにぎやか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください