幼稚園のこどもの日準備

メキシコも日本同様もうすぐ子供の日。
それで保護者何人かで劇をすることになったのだけれど、たった6人のメンバーに僕も入れられてしまった。イニシアティブをとってる先生宅からウチが近いからだと。
(クリスマスイベントもママ達に混ざって、巨大なツリーの自作着ぐるみで踊ったんだけどなぁ。またか。)

本番は来週火曜なのに、昨日初めて先生宅で練習が行われた。
何をやるかも知らされてなかったところに、プリントした台本を渡された。
僕の台詞部分は赤線を引いてくれているんだけど、全台詞の3分の1くらいに赤線が…
オオカミ…役?
知らない単語だけど、Carperuciitaって頭巾のこと?
そう、劇は赤ずきんちゃんでした。

着いた人から台本が渡され、全5人のママ達が集まるのを待つんだけど(今回もパパは僕だけ)、残り2人が全然来ない。3人のママと先生は待ちながらおしゃべりで盛り上がってて、僕は入りにくい。
そんな状況で集合から1時間以上経ち、仕方なく居るメンバーで読み合わせを始めた。
5分ほどの通しを2回やって、次の日(今日)改めて全員で練習しよう、と決めて解散。
1時間半居て、たった10分の練習か、なんて思わない。ここはメキシコ。

で、今日予定通り4時にもう一度先生宅へ。
おお、昨日は来ていなかったパティ(ママ)が居るなぁ・・・あれ、他のママ達は?
ということで、1時間半経っても、昨日来た2人のママも来ず、明日こそ6時半から練習だ!と予定を決めて解散した。(たった3人、読み合わせもなし)

ママと先生はおしゃべりして、練習出来なくとも多分楽しい時間を過ごしているのだろう。
今日の僕は先生の3歳の子と遊び、庭にいたウサギを見て過ごした。
明日は本でも持って行っとこうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください