オアハカ暮らし
Burro

 Familia TSUGAOKAはメキシコ南部オアハカで暮らす親子6人家族

 多くの先住民が生きるこの土地には、独自の伝統と自然環境が織ってきた豊かな文化、生活習慣、さまざまな郷土料理や工芸品があり、それらは今も人々の日常に結びついています。
 スペインの影響を受けたコロニアルスタイルの世界遺産の街並みがあり、一歩近隣の村に入れば馬、ロバ、牛が歩き、薪でトルティーヤを焼いている長閑な生活景色が見られ、その村の家族が代々受け継ぐ工芸品の工房があります。

 オアハカに住み始めて10年。
 そんな村の生活には日々ささやかな感動と喜びがあり、便利さとは離れていても案外面倒暮らしを楽しめるものです。音楽、チョコラテとオアハカの自然の恵みを糧に、手作りのシンプルな毎日を送っています。

メキシコのカカオから作る素朴なホットドリンク、チョコラテなど
この土地で出会い、今や我が家に欠かせないオアハカの味を紹介します。
詳しくは我が家のチョコラテラインナップ

今日も向かいの丘でロバが鳴き、そばの木陰にロバ飼いの老人
変わらぬ景色と日々育つ子供4人の静かなるも賑やかな生活。保存保存保存保存保存保存